カテゴリー「庭の四季」の28件の投稿

2015年2月16日 (月)

一目惚れで1-ClickしたGARDMANの巣箱。シジュウガラ、気にいってくれるかなぁ?

Img_48162015

手造りの巣箱は2年続けてモズに荒らされたので、アマゾンで入口に金属ガードがついた巣箱を見つけました。

英国GARDMAN(ガードマン)のクリームイエローのビーチハット ネストボックス(巣箱)は、浜辺の小屋をイメージした巣箱。 

一目惚れで1-Click。シジュウガラ。気にいってくれるかなぁ?

シジュウガラは冬の間に、巣箱の品定めをするので、庭を観察する楽しみが増えました。

Img_4253

シジュウカラ。「ツッピー、ツッピー」翻訳すると・・・(コチラ

色違いや、ムーミン谷のコテージのような巣箱もあります。

2015年2月14日 (土)

春はすぐそこと告げる淡き檸檬色の蝋梅

Img_4796

2015年1月18日 (日)

庭の四季 冬のシジミバナとヒュウガミズキ

Photo_2

春に八重の白い小さな花をつけるシジミバナ。秋には飴色に紅葉します。

冬の姿も、雑木林の盆栽のようで趣があります。

20151_edited1

春に淡い黄色の繊細な花をつける日向ミズキ。

伊予ミズキとも呼ばれています。

雪の中、花芽は少し赤味をおびていました。


2014年12月24日 (水)

万年青の株間から南天と万両が。こいつぁ縁起がいいネぇ。

Photo

雪の庭を散歩中の天空の城たけマチュくん。

万年青(オモト)の株間から、縁起物南天万両がはえているのを見つけました。

それにしても、南天と万両の種を運んだのは、誰だろう。

万両を庭に植えておくと、10年もするとあちこちに芽吹き、お正月に重宝します。

あなたの庭にも一本どうぞ。

南天は大きくなるので、プチ盆栽がオススメ?

万年青はお引越しお祝いにいいそうです。

この季節、ホームセンターにいくと安い苗をGETできるかも。

2014年12月23日 (火)

雪だるま、炭をちょんちょん。葉っぱを一枚。ベイマックスにみえるかなぁ?

Photo

Castle in the sky (Tenku no shiro) Takemachu-kun

『後ろから、ギュッ』

ベイマックス。バックハグはいいけど、とけちゃうよ。

天空の城たけマチュくん

苔の庭を散歩中

「そうだ、雪だるまをつくろう。」

残雪をあつめて

炭をちょんちょん

葉っぱを一枚

はい、雪だるまのできあがり。

ベイマックスにみえるかなぁ?

ベイマックス(サイト

最近、泣ける映画を見ていないというあなた。

この映画は、泣けます。

エンディング、AIさんのstory、英語バージョン。

字幕の歌詞も泣かせます。

「♪一人じゃないから・・・」

2014年5月13日 (火)

5月10日から16日は、愛鳥週間(Bird Week)です。

Photo

小学校の宿題で、友だちといっしょに描いた愛鳥週間のポスター。

何の鳥だっただろう。

2014年5月 7日 (水)

風が吹けばとんでしまいそうなツリバナの花

Img_4214

赤く割れた実がユニークなツリバナ。

この時期、うっかりすると見逃してしまいそうな花を愛でたい。

Img_4216

スノーボールは、重たそう。

Img_4217

ガマズミは、咲く前の花と、葉の質感がいい。

Img_4215

コデマリ。もう少し、間引いてもよかったかなぁ。

Img_4218

この葉は、カナダの国旗デザインになっているサトウカエデだったろうか?

アメリカフウだったろうか。

そのうちにと、プレートをつけないと忘れてしまう。

 

2014年5月 6日 (火)

シジュウカラ。「ツッピー、ツッピー」翻訳すると・・・

Img_4253

「この人、あやしいもの(カメラ)もっているわ。ツッピー」

「ここは、私たちの縄張りよ。止まりなさい。ツッピー」

Img_4235

「作戦Bにうつる。ツッピー。おとりになって、これ以上、巣に近づけるな」

「了解。ツッピー。わたしも手伝うわ。」

Img_4244

「ツッピー、おにいさん、こっちよ」

Img_4259

「いってしまったわ。もう大丈夫みたいよ。あなた。ツッピー」

と話しているか、定かではありません。

どうやら、ヒナがかえったのか、忙しそうに2羽でエサを運んでいます。

2014年4月24日 (木)

花言葉は『心が休まる家庭』。ナチュラルガーデンのグランドカバーには『アジュガ』がオススメ。

Photo_5

めずらしい花言葉ですが、確かに、アジュガの青紫色、心が休まります。

Photo

アジュガは、年々増え、一面覆い尽くすと、雑草が生えにくくなります。

水仙もチューリップも植えっぱなし、ずぼらな私には、もってこいのグランドカバーです。

木陰など、半日日陰に、何を植えようか迷われたら、とりあえず、アジュガを植えられてはどうでしょうか。

Photo_2

増えて、ぎっしりつまると、株分けし、違う場所にも広げることができます。

昨年、晩秋に、株分けし、田の法面保護に植えてみました。

いつもは、草刈り機で刈ってしまう法面ですが、今年は、手で草をひき、たんぽぽも残すことができました。

肥料もなにもやっていませんが、いい感じです。

Photo_3

今年は、あまり目立ちませんが、夏の暑さに耐えることができると、5年後には、全面、青紫色のじゅうたんができ、草刈りをしなくてよくなる?予定です。

育て方 「みんなの趣味の園芸」(コチラ

2014年4月20日 (日)

桜鯛と鯛釣草(タイツリソウ)

Photo_3

ケマンソウ。

釣竿で鯛を釣りあげた様子に似ていることから、鯛釣草の別名があります。

産卵のため浅瀬にやってくるこの時期の鯛は、脂がのっておいしく珍重され、桜鯛と呼ばれます。

Photo_4

フォト

「天空の城 たけマチュくん」   自己紹介

since 2012/06/03

フォローよろしくお願いします。

四季の風景時計

  • 四季の風景時計

月光

フォローボタン

YouTube「悠久の時を刻んで」

YouTube【アイアン・サンド・ラッシュ】

2023年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

HPへはバナーをClick

無料ブログはココログ

コーヒーブレイク


  • 食品 飲料 売れ筋 ランキングブログ

ads4

  • ads4

adスクエア

Ads

  • adスクエア